収納スペースの考え方

最近、マンションでは収納スペースがあらかじめよく考えられていて、入居後に荷物が増えたとしてもさほど苦労することがないのが実態です。しかしながら一戸建てとなればそんなことはありません。施工を行って、実際に住み始めてから収納スペースが足りないとなっても融通がきかないのが実態です。ですから収納に関してはあらかじめ想定しておくことが必要になります。例えば駐車場のスペースをあらかじめ大きめに取っておくとか屋根裏に収納スペースを取るなるといった対策が必要です。しかしながら、無駄にスペースを加工しても意味がないので重要なのは荷物として何があるか確認しておくことです。例えば自転車、家族の趣味でかさばるものが何があるかを確認しておき、そこから収納スペースを逆算して検討することがポイントになってくるでしょう。また、収納スペースを無駄にとると普段利用するスペースに影響が出てくるので無駄なスペースを確保するのも問題になってきます。